林修先生はいいね 関わらず目の前の学生両親面倒見てくれて

林修先生はいいね 関わらず目の前の学生両親面倒見てくれて。正論だと思います。「林先生驚く初耳学」で林先生勉強嫌な子、嫌なら辞めなさい 勉強贅沢だ 世界中勉強たくて家貧く、働かなければならない子たくさんいる 関わらず目の前の学生、両親面倒見てくれて、学校行かせてくれるだけでなく、高い塾の授業料払ってくれるいう、恵まれた環境いる なのやる気ならない 自分いか恵まれているか分ない人間、勉強たって意味ないでょう だったらう辞めなさい 日本いわゆる経済大国呼ばれて 子供達当たり前のよう学校通って勉強できるいう環境いうの、非常恵まれて かかわらず、そういうこ気づけずモチベーション上らない生徒など勉強たって意味ないのこ 自分たちの置かれている環境ついて、深く考えさせられますね 予備校講師、突き放たこ言うの少意外感じ 事ついて、皆さんどう思われたでょうか 忙しい40代が学ばないといけない本当に理由は実は騙されないため。にも関わらず目の前の学生は。両親が面倒を見てくれて。学校に行かせてくれる
だけではなく。高い塾の授業料まで払ってくれるという。恵まれた環境にいる。
それなのにやる気にならない。 自分がいかに恵まれているかも

「嫌なら辞めなさい。にも関わらず目の前の学生は。両親が面倒を見てくれて。学校に行かせてくれる
だけではなく。高い塾の授業料まで払ってくれるという。恵まれた環境にいる。
それなのにやる気にならない。 自分がいかに恵まれているかも経済的な理由で塾に行けない高校生です。大学入試では年から始まる生物で受験したいと考えているので。年の化学の
ようつまづかないように。通信教材を申込みました。申し込んだ後。母に。
本格的に受験生になった時予備校には行かせてくれないのか。という生徒には
。先生がもうめちゃくちゃ面倒見よく質問対応してくれる学校もあります成績に
関係なく。やる気の現在大学生の娘が。経済的理由で。塾なし受験をしました
。あなたの学校が偏差値が高いから。塾に行く子も多いだけでしょ。

林修氏の「やる気がないならやるな」は正論ではない。にもかかわらず。目の前の学生は。両親が面倒を見てくれて。学校に行かせて
くれるだけでなく。高い塾の授業料まで払ってくれるという。恵まれた環境に
いる。 それなのにやる気にならない。 自分がいかに恵まれている林修先生はいいね。月日に放送された『林先生が驚く初耳学』系列で。林修先生が語った
ある授業が話題を呼んでいる。 林先生にも関わらず。僕の前にくる生徒は。
ちゃんと両親が面倒を見てくれて。学校に行かせてくれるだけではなく。高い
授業料まで払ってくれるまで恵まれた環境にいるんです」と語り。「なのに
やる気にならない。この言葉にスタジオにいる人たちも胸を打たれたようで。
ネット上でも「ぐう正論」「同感です」「やっぱりこういうこと言う林先生

「嫌なら辞めなさい。にも関わらず目の前の学生は。両親が面倒を見てくれて。学校に行かせてくれる
だけではなく。高い塾の授業料まで払ってくれるという。恵まれた環境にいる。
それなのにやる気にならない。 自分がいかに恵まれているかも林先生の「勉強は贅沢」に思う事。にも関わらず目の前の学生は。両親が 面倒を見てくれて。学校に行かせてく
れるだけではなく。高い塾の授業料ま で払ってくれるという。恵まれた環境 に
いる。それなのにやる気にならない。 自分がいかに恵まれているかも分から
ない人間が。勉強し言った事が 重なります。 ルールと言うのは何も
締め付ける為に

正論だと思います。きっと予備校で通ってるだけで学習意欲の全くない生徒を多く目の当たりにしてきたから言えるのでしょう。ただ通塾するだけ→成績上がらない→これだけ通っているのに、成績上がらないのは教え方が悪いんじゃないか?と、親からのクレームが幾度となく繰り返しているでしょう。やる気がある生徒にはとことん寄り添いそうでない生徒は突き放す、こんな先生のほうが金儲けに走って無くて親切だと思いますよ。その通りではあるのだけれども、課題与えられて言われた事やってればいいだけという生き方をしてきた子供に、いくら言い聞かせたところで頭で分かってはいても実感なんて湧かないから、勉強はしないで相変わらずスマホポチポチが蔓延るんじゃないですか。大人になれば、そう思うのも当然って感じる。ついでに勉強だけじゃなくて、「仕事」にも同じ理論が成り立つわけ。大学いって、嫌々就職して、モチベがどうの社畜がどうのと言い訳して働きたくない人間は仕事を辞めなさいって言いたいですね。日本は恵まれてますよ、セーフティネットなんて有るからね。でもそのうち働けるのに働かずに生活保護貰おうとしても無理って言う時代が来るかもしれないけど、自己責任でどうぞ笑って言いたくなります。そういう人には自業自得という言葉を贈りたいです。個人的には正論だと思いますよ。やる気のない子には通じないとは感じますが、外国では貧しさから抜け出そうと必死に勉強している人も居ますよね。何時間も危険な山々、河を渡り学校に行ったり。地面に木の棒で書いて勉強したり。それでも生活をする為に学校に行けない子も。こういうのは、水や食べ物を好きな時に好きなだけ食べたり飲んだり出来るのが恵まれている…と言ってもわからないのと一緒でしょうね。無理に勉強なんかする必要はありません、将来立派なホームレスになれます。bdm様、こんにちは。売れっ子の予備校講師で、東大法学部を出ているのに、その後色々あった?御仁だからこそ、言えることなのだと思われます???。しかし、林君だって、言いたくて言っている訳でもないでしょう。こんなこと、当たり前じゃねーか、いい加減に判れよ!みたいな気持ちが本音でしょう。そういう、氏の切実な思いの一部すら判らない多くの若者の存在を感じて、言わざるを得なかったのではないでしょうか?まさにそうだと思います。本当にいつも素敵なお話しをしてくださいますよね。前にジャガー横田さんの反抗期の子の悩みに対しても、とてもいい事を言っておられましたね。ただ。貧しい国の人は、とか、勉強したくてもできない子が、という言い回しでは、子ども達はピンとこないと思います。ましてや、勉強がしたくない子にそう話しても、結局、恵まれた環境には違いはないので、大人は、そうだそうだ!と思っても、子どもはふーん、としか思わないでしょうね。恵まれた環境が整っているのに、やる気のない者は勉強しなくても良いが、そうしたらどのような人生を過ごすのかを具体例で教えるのが良いでしょう。肉体ガテン系やボーナスがなく、低賃金のバイトをしても、病気や怪我をしたらすぐにクビになる状態で食いつないでいく、底辺の生活することになります。貯えがなく、病気や怪我で働けなくなれば、住んでいる家賃は滞納、電気?水道?ガス?電話は止められてやがて退去命令で出て行かなければなりません。そうなればネットカフェ難民、ホームレス、最後には食べる物がなく、公園で餓死、身元不明者で事務的に処理されて終わりです。こうなるのには年齢は関係ありません。若くても死ねば無縁墓地に埋葬されます。無縁墓地に埋葬されるだけでもまだ良い方ですが、これが砂漠や森が多い外国ならば、死んで骨になってもそのままで、誰も見向きもしません。獣が死んでいたときと同じ扱いです。その通りだと思いました。私は、子どもの頃勉強が苦手で、今大人になり苦労しました。子どもの頃、勉強のありがたさに気が付いていれば、と後悔しています。勉強するというのは各人に動機というかモチベーションが必要なのだ。何の目標もなく、楽しみもなく、目的もない中で勉強しろ、ヤル気になれと言っても、殆どの人の場合、無理です。子供としても、親がお金を払って塾や学校に行かせてもらってることも、自分が世界的に見ても多少は恵まれた学習環境に置かれてることも、世の中には、林先生の言うような勉強したくても貧困などの理由でできない人もいることは、わかってる。だが、それらの事を知ってたとしてもハッキリした動機や目標、目的のない人では勉強を頑張れるのは難しい。勉強を頑張れる人というのは、それら動機やモチベーション、将来における目標、目的を持っている人、または負けず嫌いやプライドの高い人だ。そんな人は将来は医者になりたい、弁護士になりたい、教師になりたい、公務員になりたい、優良企業に就職したいとか、勉強で負けたくないという意地やプライドがあるとか、何らかの動機があるのだ。林先生がどうこうでないのですが、予備校講師なら正にやる気のない生徒には辞めて頂きたいものですよ。進学実績が塾の功績で、それを目安に親子も塾を選びますからね。勉強とは受験や進学ばかりではありませんが、それを実現するに近道となるのは、環境を左右するお金です。しかし、生徒の地頭の良さとやる気が無ければ話になりません。ただし、やる気も才能のうちの一つです。才能のないものに良い環境を提供しても猫に小判です。また、本人にとっても苦痛でしょう。互いにメリットのないことに時間や労力をかけても無駄です。学校の授業にない勉強をしても良い思います。それに、何処で何の才能が開花するかは分かりません。勉強の内容もタイミングも人それぞれです。他人に迷惑をかけず、自立できていればいいと思いますよ。皆が横一列では、世の中は上手く回りません。頭も容姿も運動神経それら優劣を特性と言えば、そうかもしれません。優劣のバランスで持ちつ持たれつ、生きているように思います。互いに自分にできない仕事をしてくれる人がいることは、有り難いことです。しかし、大概は、親の価値観が入るので、子どもにお金をかけて勉強させてしまうことは否めません。幸い、掛けたら掛けた分だけ成果が得られたので、無駄にはなりませんでしたが…。とは言え、これからですね。体育教師が小学生に言う「嫌なら帰れ」や、ブラック企業社長が言う「嫌なら辞めろ」と似てる。相手をコントロールするための方法だと思う。自分は子供の時に父親の会社が倒産しちゃって、バイトしながら予備校の一番安い講座を使ったり、独学したりで学費も生活費も自分で用意しながら国立大学に通いました。だから、林先生の言うとおり親に全部用意してもらってる友人たちは、正直「甘いなぁ~」なんて最初は腹が立ちました。ただ、そういう友人達を見てて思ったのは、彼らもまた別の問題を抱えているんだなと。子供には、基本的に親が用意したモノを拒否する力はないので、彼らも自分の気持ちは関係なく塾に入れられたり勉強したり、目標の進路を強制されたり、わけが分からず、毎日何時間も暗記したり勉強したり。このレールから外れると人生失敗するぞと脅されてたり。それも、それで狂気の沙汰だと思います。自分は幸か不幸か、親が破産して、そういう強制力を失ったので、自分の頭で考えて行動出来ました。苦労はあったけど自己決定権を持てた事で幸福度は上がりました。でも、それが許されない子もいると思います。小さい頃から辞めるという選択肢がなく、自由に選択する前提がない中で「イヤなら止めろ」と大人が言うのは、体育教師が言う「イヤなら家に帰れ!」と同じで、帰れないと知ってて言ってる。辞められないと知ってて言ってる。私もそう思います、勉強はチャンスであって、義務でもいやいやさせられるものでもないです。なのでうちでは塾も行ってないし、無理に勉強もさせてません。大学も、本当にいきたい人だけです。一応、出せる余裕はありますが私立は無理かもでも社会に出ても社会勉強。私は子供に教える仕事をちょっとだけしてましたが、いやいやならいに来てもマイナスしかないのに、親御さんは「将来のために無理にでもさせないと!ですよね!」とおっしゃる。今も無理なのに将来も無理でしょう。と思いますがね。本当にやりたい子には無料でも教えていいこちらも学ぶことがあるけど、やる気ない子でいやいやながらさせられてる感しかない子には高い時給でも精神すり減りました周りにもホント迷惑というか…やる気ある人に対応したいのにやる気ない子に取られる…やめたらいいのにとしょっちゅう思いました色んな仕事もあるし、勉強だけして出来る仕事が全てではないし、やる気がないならすることもないとは思う。勉強できても仕事できない奴はごまんといる。よく聞く話や。しかし、いい会社に入るのに勉強が必要だったりする。だが苦労して心を病むこともあるやろ。勉強も自分に向いていないなら、心を病むこともある。それより自分の出来ることを探して頑張る方がずっと価値があるかもしれない。そりゃそうでしょう。私もモチベーションが上がらないので早々に勉強を放棄した口です。そしてやらなかったツケを本来なら一生かかって払わなければいけないところを運良くそのほとんどを夫が肩代わりしてくれているのでのんきに暮らしていけてるのでしょう。すごく当たり前の事を、言っただけではないですか。予備校講師だからこそ、学校の教師以上に感じるのではないでしょうか。その通りです、無理に勉強なんてする必要はないし、勉強ができる環境に感謝すべきでしょう。

  • [mixi]悩んでいます 僕の友達のお兄ちゃんは偏差値4
  • johysashi 別に冒険家使う事自体については良いの
  • 浦和学院埼玉編2013年選抜優勝 2013年仙台育英の当
  • いつもありがとう いつもありがとうみたいなメッセージを送
  • 大学生の恋人いる率は 会社と大学どっちが彼女作りやすいで
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です