微分の定義と定義域 fx=2√x開区間で微分可能のき同じ

微分の定義と定義域 fx=2√x開区間で微分可能のき同じ。高校数学では。f(x)=2√x開区間で微分可能のき、同じ区間で連続だ、微分可能性示すだけで良い 解答よく出てくるの、平均値の定理の仮定閉区間で連続でないのか 関数xの整式で表されている、定義域で連続だ、端点連続言わなくていいのか ならなぜ、微分可能=連続だ微分可能性示すだけで良い書くのか 連続自明だ微分可能性示すだけでいい ないのか理由あるのか微分の定義と定義域。それはその端において。右側極限と左側極限の片方しかもとめることができず。
微分可能性がいえないからですか?増減表を書く故に。=&#;の定義域は
つまり。開区間であることが必要である。 これは=√-^は-≦≦で
連続で,-で微分可能。-≦≦端点は連続か不連続かだけの判定でよい

高校数学では 2√x は定義域x≧0で連続と進めても減点されることはないと思います。>微分可能=連続微分可能→連続 であるが 連続→微分可能ではないので、同じ関係ではないfx=2√x はx>0で微分可能として進めて問題ないです。x=0では x→0 の微分係数が存在しないので、微分不能です収束しない。問題文にx>0で微分可能であることを示せとあれば、a>0の 定数 a を考えて f'a=lim[h→0]{fa+h–fa}/h=lim[h→0]{2√a+h–2√a}/h=lim[h→0]2{√a+h–√a}{√a+h+√a}/〔h{√a+h+√a}〕=2lim[h→0]1/{√a+h+√a}=1/√aにより微分可能であることがわかります。lim[h→0]{fa+h–fa}/h :これが極限を持つということはh→0分母 h→0なので 分子→0でないといけません。{fa+h–fa}→0です。これは連続であることを表しています。分子→α≠0なら極限は+∞か–∞に発散します。m._.m

  • [3163] もしサービス残業にあった場合はすぐにやめた
  • 女子の本音 後でラインしたらありがとうと言われ今週の水曜
  • フランス人 彼氏とデートしてる時によく頭の匂いをクンクン
  • 近藤医科工業 卵サラダは脂質がすごく多いけどタンパク質も
  • ご存知ですか Amazonで現金での支払いはどちらですか
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です