ここが知りたい職場のメンタルヘルスケア メンタルヘルスの

ここが知りたい職場のメンタルヘルスケア メンタルヘルスの。国がPrime。メンタルヘルスの有病率の国際比較で
ニュージーランド世界二位、
自然の多い環境でなぜ二位なのでょう メンタルヘルスの有病率人口比
米国 26 4
ニュージーランド 20 7
フランス 18 4
オランダ 14 9
メキシコ 12 2
ベルギー 12 0
スペイン 9 2
ドイツ 9 1
日本 8 8
イタリア 8 2ここが知りたい職場のメンタルヘルスケア。このページは ここが知りたい職場のメンタルヘルスケア 改訂版 の電子ブックに
掲載されているページの概要です。また産業精神保健において参考になる
ように,比較的直近の期間範囲であるヵ月有病率を中心に紹介する.診断
方法については,「国際疾病分類 第版」-や「精神障害の診断と統計
の手引き 第版」-Ⅳの多くの精神科疾患について診断を作成できる
統合

図録。メンタルヘルス障害の有病率を過去月年間有病率とカ月
と限定せず過去に患ったことがあるかの人口比生涯有病率で見てみると日本
は年間有病率でイタリアに次ぐ低さ人口比%であり。生涯有病率では最低。公衆衛生分野の卒後教育?訓練のための専門的な大学院の充実 コラム パブリック
ヘルスマインドクリニカルマインド第章 健康と疾病の概念。健康増進活動
時間的分布 .人の属性別分布 .年齢階級別罹患率 .性別比較 .人種差 .
職業 分析疫学 .コホート研究 ..がんの死亡?罹患 .がん罹患の年
次推移 .がん罹患の国際比較 .がん生存率 .リスク要因と予防要因 .脳
血管疾患の死亡率?有病率 .職場のメンタルヘルスについての社会の動き

国がPrime Minister's Youth Mental Health Projectを立ち上げ、積極的に介入しているからでしょう。なお、誤解がある人がいますがDSMは診断基準ではありません。単なる分類です。が、なんらかの症状があればなんでもかんでも精神病の一つに分類できるので、患者が来なくて困っている精神科医が診断基準のように使っているだけです。恐縮ながら私は専門家ではなく、ただの推測になるのですが、ご容赦いただけたらと存じます。その有病率の違いは、精神疾患の診断基準の違いによるものかと思います。伝統的に、精神疾患の診断をするためには、医師は患者と長期にわたって面談などを繰り返し、「これは確実に精神病だ」と医師が確信を得て始めて精神病の診断を出していました。このやり方だと、精神病でない人に精神病だと誤って診断してしまうリスクが低くなるというメリットがありますが昔は、精神病だと分かると、社会的にほぼ死んでしまいましたから…、逆に本当に精神病に苦しんでいる人の救済が遅くなる、というデメリットもあります。このデメリットを克服するため、アメリカ発で「DSM」という診断基準が出来上がりました。DSMは、精神疾患を「まともに社会生活を送れないこと」などというシンプルでかつ外から見て分かる基準だけで定義しました。これにより精神病患者の救済は早く出来るようになりましたが、そのかわり、精神病患者の数が急増することとなってしまいました。アメリカが一位なのはそのせいです。日本もここ10年くらいでDSMの導入が急速に進んできたので、患者数も同様に急増しているはずです。質問者さんのランキングは、単にDSMの導入率の違いが現れているだけのように思えます。ランキングの上位国は、そういうことをしそうな国ばかりではありませんか。ということで、あまり大した回答になっておらず、申し訳ありません。何かの参考になればと思い回答しました。失礼いたしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です